河芸サーフでマゴチが絶好調!2日連続大物ゲット!!

河芸サーフマゴチtop釣り

「照りゴチ」とも言われる夏が旬の魚マゴチを狙い、梅雨明け目前の7月28・29日と河芸サーフに釣行してきました。

河芸サーフ:河芸漁港とマリーナ河芸の間にある、およそ2kmの海岸

シーズンになるとマゴチ狙いのアングラーで賑わう

初日の干潮は5時50分。4時半に現地入りし、海岸周辺を観察します。この日は平日ということもあり、先客は数人だったので場所は選び放題でした。

早速、実績のあるポイントにメタルジグを投げ込みます。

底付近を狙うと、藻や海藻が多く絡んでくる。海底から10cmぐらいを一定速度で巻くように意識します。

5時過ぎに隣の釣り人が60cmオーバーのマゴチを釣り上げました。

負けじと気合を入れてキャストします。飛距離を出すために河芸サーフでは重めな40グラムにジグを交換。巻いて落とすを繰り返す。

すると潮止まり直前、ガツンとしたアタリが来ました。ドラグがどんどん引き出されエイが掛かったかと思いましたが、慎重に寄せてくると、、

60cmの巨大マゴチ!

その後もしばらく投げ続けましたがアタリなし。人も集まって来たため、6時に家路につきました。

2日目は7時9分干潮。5時半に到着すると、多くの釣り人で賑わっていました。

先客がいたので前日とは少し離れた所に入ります。

海藻が少なく、底をズルズル引いてくるとマゴチやヒラメの幼魚がスレ掛かりしてきます。

エイまで釣れた。

前日のポイントに入っていたおじさんがコンスタントに釣っていました。ストップ&ゴーに切り変えるも、こちらにはアタリなし。休憩を入れつつ粘りましたが、8時に一旦河芸サーフをあとにします。

気分転換に周辺の漁港を巡ってみるも成果なし。海水も濁っていて釣れる気がしない。

ガストで昼食を済ませたら満潮前を狙って、もう一度河芸サーフに戻ります。

人がほとんどいなくなっていたので海岸を移動しながらルアーを投げることに。

日中は蒸し暑く、汗だくになりながら歩き続けます。熱中症の危険もあるので水分補給が欠かせません。

反応なく海岸を一周し、最初の場所でジグを投げているといきなり食ってきました。

ロッドが大きく曲がり、大物の予感。首をゴンゴン振って抵抗してきます。ロッドを寝かせて慎重に引き寄せます。最後は波に乗せて引き上げるとマゴチが姿を現しました。

56cm!

またも潮止まり直前に大物ゲットしました。

ここで満潮になり納竿としました。

▼ヒットルアーはこちら

バディーワークス オフベイト 30g (メタルジグ ジギング)

価格:1,078円
(2020/7/30 10:07時点)
感想(0件)

バディーワークス オフベイト 40g (メタルジグ ジギング)

価格:1,155円
(2020/7/30 10:09時点)
感想(0件)

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

コメント

タイトルとURLをコピーしました