【デフレルアー】ダイソータイラバレビュー。¥300でこのクオリティは驚異的だった!?

ダイソータイラバ釣り

先日、遠征先で立ち寄ったダイソーでタイラバを発見したので早速購入してみました。

近所のダイソーでは取り扱いがなく気にも留めていなかったのですが、意外に本格的な作りをしています。

調べてみると2017年に発売されていて、釣り人からの評判も上々なようです。

ダイソーHP

スペック/構成

価格:¥300
重さ:40g
ヘッド:固定式
使い方:海底に向かってルアーを落とし、巻き上げます

部品構成

  • 本体(ヘッド)
  • ネクタイ①オレンジ
  • ネクタイ②白
  • スカート①オレンジ
  • スカート②黄
  • アシストフック2本
  • ティンセル

ダイソータイラバ紹介

ダイソーの釣り具といえばメタルジグが有名で、私もよくお世話になっています。このタイラバはダイソーでは珍しく¥300と高めに設定されています。

ただ多くのタイラバが¥1000近くするのに対し、3分の1程度とやはり圧倒的な価格となっています。

使用方法は通常のタイラバと同様、落として巻くだけです。

フックは管付きで、しっかりと結んであります。またサイズが大きめで、トレンドの小型フックに比べるとかなり大きく感じます。

スカートはかなり長いです。アピールを弱めたい場合は半分程度にカットするのがいいかもしれません。

ヘッドは40gのみ。誘導式ではなく、固定式なのが残念。

使いどころ

  • ラインナップが40gの1種類だけなので比較的浅い場所
  • フグなどが多く、すぐにルアーをボロボロにされるような場所
  • 堤防からのショアラバ

注意する点

ヘッドが固定式なので、鯛が頭を振った時にフックが外れるかも。

ショアラバでマゴチ狙い等なら特に問題なさそうです。

まとめ

鯛だけでなく、多くの魚が狙えるタイラバ。使い方も簡単なのですぐに慣れるのではないでしょうか。

コストパフォーマンス最高のダイソー製品。ロストを恐れずに攻めた釣りができることが最大のアドバンテージだと思います。

とりあえず最初の一手として、また引き出しの一つとしてタックルボックスに忍ばせておいて損はないはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました