コフラン ホットサンドメーカーレビュー。スキレット代わりになるのもGOOD!

キャンプ

安くて良いキャンプ道具を作るカナダCOGHLAN’S(コフラン)社のホットサンドメーカー。日本ではA&Fが取り扱っていますね。

使い込むほどに愛着が湧くであろう、鉄の将来性に期待。

詳細確認

趣のある鋳鉄製のホットサンドクッカーです。

上蓋部分にはコフランとA&Fのロゴが入ってます。

木製ハンドルにはロック付き、固定力は申し分なし。

ハンドルのネジ山が割と大雑把。MAXまでねじ込むとロック位置が斜めになるので、少し緩めて使っています。

・上下が分割可能で、スキレットとしても使用可能。

・焼印/仕切りがない⇒お楽しみ要素はないが、調理がしやすい。

・ハンドルが取り外しできてコンパクトになる。

サイズ:縦36cmx横13.3cmx高さ4cm

シーズニング済みなので、すぐに使い始めることができます。嬉しい配慮ですね。

重量:1400g

実測1333gでした。アルミ製の約2倍、鉄だけあってずっしりと重い。

私はコフランを持って行くときは、荷物からスキレットを外しています。

ハンドルを外すとほぼ鉄板に収まるサイズになります。

ヒンジ部分も干渉することなく、重ねることができました。

ホットサンドをメイク

早速ホットサンドを作ってみます。食パンは8枚切りを使用。

鉄板の両面にバターを引きます。焦げ付き防止にもなります。

食パン⇒ハム⇒ツナマヨ⇒チーズ⇒ハム⇒食パンの順に盛っていきます。

ギュッとプレスして中火で焼きます。クッカー全体に火が掛かるぐらい。

ひっくり返して裏面も焼きます。各面3分程度がいい感じ。

もう少し焼いても良かったかも。

外はパリッと、中はしっとり。

圧着具合はまずまず。

色々試した結果、具材を多めにして縁までしっかり火を入れることで綺麗に圧着できました。

6枚切りもやってみました。耳のはみ出しが増えますが、許容範囲内かと。

ホットサンド以外も調理してみた

肉まん

ジャストフィット!

パリッと焼けました。

目玉焼き

凸凹が無くて作りやすい。

半熟具合も余裕で出来ました。

餃子

最後に餃子を焼きます。

一度に焼ける量はおつまみサイズ。

蒸し料理との相性が抜群です。

使用後の手入れ

使用後にはシーズニングの儀式が待っています。

1.洗剤を使わずにタワシで水洗いする

2.火にかけて水分を飛ばす

3.食用油を薄く塗る

テカテカ☆

鉄製品は育てる楽しみもあって、長く使えるのが良い所。

一手間を惜しまない人に向いていると思います。

良し悪し

鋳鉄製で長く使える

スキレットとして使える

ハンドルが取り外せてコンパクト

 

×重い

×手入れが面倒

×ハンドルのネジ山が甘め

コメント

タイトルとURLをコピーしました