【登山とキャンプの旅】エコパ伊奈ヶ湖キャンプ場【1日目】

エコパ伊奈ヶ湖 topキャンプ

せっかく長野/山梨エリアまで来たので、キャンプ場に泊まることにしました。

宿泊場所は霧ヶ峰と金峰山の間、南アルプス市にあるエコパ伊奈ヶ湖です。

エコパ伊奈ヶ湖 – あそぶ・たべる・とまる、エコパ伊奈ヶ湖
あそぶ・たべる・とまる、エコパ伊奈ヶ湖

南アルプスICから約20分。山の中にある湖畔のレジャー施設です。

峠道に入る前に「ザ・ビッグ櫛形店」で買い出しをしてから向かいます。

16時キャンプ場到着。

総合受付のグリーンロッジで受付をします。

料金はなんと200円!

テントサイトは20あり、先着順に場所を選べます。

ゴミは各自持ち帰り、灰は捨てる場所があります。

薪は1束600円。これまた安い!

建物横にリヤカーあり。1台しかないので混雑時には取り合いになるかも。

受付の脇を抜けていくとテントサイトがあります。

林間サイトで1区画16㎡。大型テントも余裕で張れます。

この日は平日で人が少なく、他のキャンパーは3組。

トイレと炊事場はキャンプサイトの横にあり、きれいにされていました。

1回200円でシャワーも使えるようです。

テントを立てて火おこし。

薪はこんな感じになっています。

薪を使うつもりがなかった故、薪割りできず。そのまま投入。

焚き火台はユニフレームの新製品「ファイアグリルsolo」。

ソロキャンプにはちょうどいい大きさです。

レイアウトの試行錯誤中。

ウインナーを焼くの図。

こんがり。

今回は道具をあまり持って来ていないため、キャンプめしはこれだけ。あとはスーパーで買ったおにぎりとゆで卵で夕食終了。

クレイモアの爆光ランタン。めちゃくちゃ明るいです。

レイアウトが落ち着いた頃には真っ暗。太めの薪1本を枕にして、そこに2本立てかけるヤグラポジションがいい感じ。

翌日は早くから行動できるよう、20時すぎには火を消して消灯しました。


朝のグリーンロッジ(受付)。

鹿?さんもマスク着用。

焚き火の片づけやら歯磨きやらで撤収は7時に。。

予定より遅れて金峰山へ向かうのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました